ウーマン

美のために欠かせないのが水素水|最新美容法

脂質の酸化を防ぐため

メジャー

水素分子と活性酸素

脂質を多く摂取しても、それがエネルギーとして十分に消費されれば、体は太りません。逆に、脂質の摂取量を少なめにしても、エネルギーとして消費されなかった場合には、体は太っていくことになるのです。そして脂質は、酸化して固まることで燃焼しにくい状態になります。酸化していない脂質は、血液に乗ってスムーズに流れていき、その先々で細胞にエネルギーとして使われます。しかし酸化した脂質は、血管内に付着することでうまく流れなくなり、その場に残ります。これが蓄積すればするほど、体は太っていくわけです。そのため昨今では、ダイエットのために水素水を飲む人が増えています。水素水には多くの水素分子が含まれているのですが、これには酸化の原因となる活性酸素と結合するという性質があります。活性酸素は、水素と結合すると脂質を酸化させることができなくなります。そのため水素水を飲めば、脂質の酸化を防ぎやすくなることで、ダイエット効果が期待できるようになるのです。特に食事前に水素水を飲むことが、ダイエットには効果的とされています。脂質は食事をとることで体内に入ってくるので、その前に水素分子で活性酸素を封じ込めておけば、酸化のリスクは低下します。また、水素水を飲むことでお腹がある程度膨らめば、その分食事の量が少なめとなります。つまり摂取カロリーが少なくなるということですから、これによって一層ダイエット効果が出やすくなるのです。

Copyright © 2017 美のために欠かせないのが水素水|最新美容法 All Rights Reserved.